5月18日(土) 黒田涼さんの江戸歩きシリース゛13回

江戸城縦断・現存城門総ざらいウォーク 

江戸歩き案内人・作家の黒田涼さんによる「江戸縦断・現存城門総ざらいウォーク」は5月18日(土)9時半、JR飯田橋駅西口の江戸城外堀牛込門から江戸城内堀に向けて出発しました。靖国神社前を通り田安門から江戸城の内堀の中にある北の丸公園(武道館等)へ、北の丸公園から清水門を通り一旦内堀の外へ、毎日新聞社前の平川門から再び内堀の中へ、三の丸、二の丸から本丸天守台跡、松の廊下跡から大手門を通り内堀の外へとコースを辿りました。評定所のあった丸の内永楽ヒ゛ルで昼食を摂り、昼食後は内堀の外の皇居外苑を桔梗門、坂下門、二重橋、桜田門を経て、江戸城外堀に面した虎の門へと辿り、午後3時過ぎ解散しました。

会員と非会員合計27人の方々が参加されました。新規参加者とリヒ゜ターは凡そ半々でしたが、江戸城は、現在の千代田区と中央区のほぼ全域に相当する世界でも類例を見ない大規模な城郭であること、江戸時代の城郭攻防戦に基づく城門構成、桜田門外の変の事後処理の生々しい史実、最近発掘された虎の門の石垣についての黒田涼さんの説明に皆さん熱心に耳を傾けていました。

江戸城外堀の牛込門から内堀、本丸を経て外堀の虎の門に至る縦断コースは、約6kmの距離で、普通に歩くと2時間弱ですが、お天気にも恵まれ、爽やかな5月の風の中で、昼食、休憩を挿んで約5時間半のウォーキング゛楽しむことが出来ました。

次回の黒田涼さんの江戸歩きシリース゛は、11月30日(土)に第14回 「江戸の紅葉を愛でるウォーキング・四谷から新宿まで」が予定されています。皆様のご参加をお待ちしています。

 

← 前のページに戻る