外国特派員協会講演と東御苑見学

4月28日(土)日本外国人特派員協会で、太田会長、島田理事長の講演会開催

当イベントは過去何回か開催されてきたが、今年は「太田会長の江戸城天守の再についての講演」、「島田理事長の当会の今の活動の重点についてのご挨拶」が行はれ、講演の後で皇居東御苑を見学する熱意のこもったイベントとして開催された。

来場者は50人で、外人記者は4~5名で大半は特派員協会に縁のある日本人が中心であった。しかし講演は通訳を介して英語で行はれ、東御苑の見学会も3グループにそれぞれ通訳がはいって行れ、国際色豊かな会となった。

参加された皆さんは深い関心を持ち、「建設費の件」、「宮内庁のスタンスについて」、「木造建築に拘る理由」、「建物の中はバリアフリー、環境対応について」等幅広い質問があった。東御苑の見学会もほぼ50名全員参加し、興味深く江戸城の歴史、天守台のいきさつなどを聞きながら、天守再建についての順調な進捗を期待されていた。

← 前のページに戻る