大手門入口でのチラシ配り3月24日(土)

満開のさくらの大手門入口で恒例のチラシ配りを行いました。

東京のさくらが満開となった24日(土)午前10時より、皇居東御苑大手門入り口で毎週恒例の江戸城天守再建のチラシ配りを行いました。
皇居乾通りの一般公開の初日とあって、入口の坂下門に向かう大勢の人々で大手門も賑わっていました。そのせいもあってか用意した250枚の和文チラシは1時間で無くなり、英文チラシを160枚配った11時半に配布活動を終えました。当日の活動に参加した会員は8名で、初めて参加した会員は次の4名です。


沼倉佑栄会員 通り過ぎた学生がチラシを受け取るためにわざわざ戻ってきた。関心のある若い人へ働きかけがもっと必要と思った。会員歴11年2月 目黒区在住

山方茂利会員 素直にチラシを受け取って下さる方が多いのに驚いた。50枚のチラシがあっという間にはけてしまった。 会員歴1年6か月 松戸市在住

東 三郎会員 姫路城、首里城を訪ね特に首里城に描かれた江戸城を見て、江戸城天守再建の必要性と歴史的意義を痛感した。会員歴11か月 横浜市在住

大藤高輝会員 おばあちゃんにいろいろ尋ねられた。多くの人がチラシを受け取ってくれ関心を示してくれたのが意外であった。会員歴10か月 横浜市在住



← 前のページに戻る