「江戸の美意識」をテーマにした 第5回EDO ART EXPOに参加

EDO ART EXPO まもなく開催

EDO ART EXPO
私たち「認定NPO法人・江戸城再建を目指す会」は、今月28日から10月16日までの19日間、千代田区、中央区、港区、墨田区の都心4区の名店、ホテルなどで開催されるEDO ART EXPOに、「協賛団体」として参加します。

出展場所は、東京駅八重洲地下街センタースポット(東京駅八重洲南口付近の地下一階)。再建を目指す江戸城寛永度天守(天守台を含め高さ約59m)の模型(実物の72分の1、提供:神田明神)はじめ、CG画で再現した天守の外観・内観図、天守にそびえていた金鯱復元図などを、模型やパネルで展示するほか、DVDによるCG画の放映もあります。

明暦3(1657)年の振袖火事で焼失し、その後再建されなかった、壮大で、美しい「江戸城天守」をご覧ください。天守が再建されたら、東京の都市景観は一変し、日本の伝統と文化を代表する魅力ある国づくりの象徴になると思います。

再建運動の輪を全国に大きく広げ、夏季オリンピックの東京誘致に呼応して、2020年を目途に、再建の夢を実現させます。

みなさまのお越しをお待ちしております。

http://www.tokyochuo.net/edoartexpo/

← 前のページに戻る