<三学>「たたかう東京と文化資源」講演会を開催しました

J-CULTURE FEST
<連学/三学>「たたかう東京と文化資源」


s-p619%e3%80%80%e4%bc%8a%e8%97%a4%e6%bb%8b%e5%85%88%e7%94%9f

早稲田大学特命教授で東京大学名誉教授の伊藤滋先生による、


<連学>都市の文化力と日本の体幹お城の三学として、


「たたかう東京と文化資源」講演会が開催されました。


去年2016年、世界の都市力で初めて東京がパリを抜き、第3位になった。


たたかう東京とは、東京の誇れる人材と資産を活かし、


世界から人・モノ・カネを呼び込む都市づくりプロジェクトの提案。


東京にはまだまだたくさんのポテンシャルがあるが、課題もある。


中でも、文化・交流のジャンルにおいて、他の都市に劣るという。


文化力を高める提案として、「東京文化資源区構想」を提案、


その一つとして、『江戸城天守閣の復元』を提唱しています。


わかりやすい江戸東京文化の象徴として、


江戸城天守閣を復元し伝統的文化の継承と東京観光の目玉にするという。


伊藤先生のたいへん想いを込めて熱の入った90分だった。


s-p1050617


p1050620


s-p1050622


s-dsc_0110s-dsc_0109


s-dsc_0108


s-dsc_0107


← 前のページに戻る