第25回森と花の祭典・・みどりの感謝祭

認定NPO法人・江戸城天守を再建する会


2015.4.24


第25回森と花の祭典・・みどりの感謝祭

 

クールジャパン天守の木造再建へ


平成27年5月9日(土)~10日(日) 東京都立日比谷公園


 

森林を育てる、木を使う・・・「みどりの感謝祭」の趣旨に賛同し、5月9日、10日両日、日比谷公園で開催される「みどりとふれあうフェスティバル」に、私たち「認定NPO法人・江戸城天守を再建する会」も参加します。

明暦の大火(1657年)で焼失した江戸城「寛永度天守」を、伝統的な“木造建築技術”を駆使して再建する運動を進めています。「みどりの感謝祭」では、この木造天守の再建の意義をアピールします。
天守は、壮大で、優れて美しくなければなりません。そのためには、伝統工法の木造建築技術による再建が最も相応しいと考えています。
法隆寺五重塔の芯柱、江戸城天守の通し柱、そして現在のスカイツリーの芯柱に共通するものは、「耐震、免震構造」の建築物であることです。
歴史と文化と伝統を継承していくのが、クールジャパンの「木造天守」なのです。

私たちの出展テントでは、CG画で復元された「寛永度天守」のDVDを放映するほか、天守再建の根拠となる「江戸城御本丸天守百分ノ壱建地割」図(都立中央図書館東京誌料文庫蔵:展示は複製資料)、また建築家で画家の木下栄三さんが描いた、数百年を隔てた現代と過去を一枚に重ねた絵「江戸城今昔」などを展示します。
また会場では、来場者の皆様に、私たちの天守再建運動へご支援をお願いする賛同署名などを行わせていただきます。皆様のご来場をお待ちします。

 

みどりの感謝祭

日時:平成27年5月9日(土)10:00~17:00
5月10日(日)10:00~16:00

場所:日比谷公園、噴水前広場、にれのき広場など。

主催:農林水産省・林野庁、東京都、国土緑化推進機構、日本緑化センター、日本森林林業振興会、東京緑化推進委員会

← 前のページに戻る