江戸歩き案内人・作家の黒田涼さんによる「江戸城外堀ウオーク」

江戸歩き案内人・作家の黒田涼さんによる「江戸城外堀ウオーク」


江戸城外堀ウオークは4月4日(土)午前9時30分、JR総武線水道橋駅の江戸城外堀土塁跡から赤坂門跡までのコースで行われました。午前中は生憎の小雨でしたが、土塁の桜が満開で、花見気分を満喫しながらの楽しいウオークとなりました。

20150415
庭園の池の遺構がある高松藩松平家上屋敷跡、飯田橋駅西口の牛込門跡には、牛込門の石垣が残り、交番前には「阿波守門」と書かれた巨石が置かれていました。

飯田橋駅から赤坂見附までは、外堀の土塁が残り、桜の名所となって、花見客の陣地取りシートが敷かれていました。市ヶ谷見附橋の土橋石垣は東側部分がほとんど完全に残っており、江戸城の外堀石垣とほぼ同じ巨大な石に触れられる貴重な場所でした。

四ツ谷駅前ロータリーでは、枡形の石垣が残る四谷門跡を見学し、駅前のレストランで昼食。その後、尾張徳川家中屋敷だった上智大学前の桜の土手に上がり、しばし桜吹雪を楽しみました。
土手を下り、ホテルニューオータニの彦根藩井伊家中屋敷跡から、立派な外濠石垣が今も残る旧赤坂プリンスホテルの紀州徳川家中屋敷跡を歩き、明治の架橋である弁慶橋を渡り、赤坂門跡を見学して、この日の江戸城外堀ウオークを終了しました。


●弁慶濠の桜

← 前のページに戻る