H23.5.15 第5回江戸城ウォーク 江戸城サツキと大名屋敷跡ウォーク報告 (第11回イベント企画)

『江戸城を歩く』(祥伝社新書)の著者・黒田涼氏が、江戸城を案内するシリーズ第5回「江戸城サツキと大名屋敷跡ウォーク」は5月15日、快晴のもと、一般の方も含め16人が参加して行われました。
北詰橋門から皇居東御苑に入り、私たちが再建を目指す「寛永度天守閣」があった天守台、百人番所などを経て、大手門から出て、ビルの谷間にある将門塚、丸の内大名小路を回り、桜田門前の上杉家屋敷跡(現・法務省)と歩きました。そして日比谷に戻って、美味しいバイキングの昼食を取りながら、参加者が楽しく懇談し散会しました。
江戸城歩くは秋にも計画していますので、会員始め、一般の方もご参加ください。

110515_02.JPG

(画像提供:川上泉氏)

110515_01.JPG

*コース等の詳細につきましては、こちらでごらんください。

← 前のページに戻る