H21.8.22 第7回江戸城再建セミナー、 知識欲と食欲を満たして終了 !

2009年8月22日(土)、浅草橋を起点とする第7回江戸城再建セミナー「浅草探訪と駒形どぜう」が開催されました。今回のセミナーは当会として初めての野外セミナーで、募集定員25名のところ、会員22名、一般の方6名参加され、好天にも恵まれ、好評裡に無事終了いたしました。

HP20090822asakusakomagata(31).jpg

蔵前神社前

 

セミナーの概要は、浅草橋から享和元年(1801)創業の「駒形どぜう」までの間、史跡を探訪しながら、私たちの会員・土屋献一郎氏のボランティアガイドで、“浅草”界隈の歴史に基づく興味深いお話をお伺いする。その後、「食」の体験として、駒形”どぜう“で、200年の江戸の味を堪能しようという企画です。

午前11時、浅草橋の浅草見付御門跡に集合。先ず土屋さんから、土屋さんが作成された資料に基づいてコース概要を説明されました。この資料は、探訪史跡の説明と探訪コースを江戸時代と現代の2種類の地図で辿れる懇切丁寧なものです。

探訪コースは:

浅草橋(関東郡代・浅草橋御門・浅草見附)~初音森稲荷~柳橋~浅草御米蔵跡(蔵前・札差)~蔵前神社~駒形“どぜう”

参加者の中に、よくお見かけする方がいらっしゃると思いましたら、女優の荻野目慶子さんでした。

 史跡探訪は1時間半を予定していましたが、後半押せ押せの駆け足探訪となり、好天でもありましたため、皆さん結構汗をかかれ、その分、「駒形どぜう」での飲み物と食が大層進みました。

駒形どぜうでは、土屋さんからの補講?がある中で、200年の江戸の味を堪能しつつ、話に花が咲き、参加された方々同士が懇親を深められていました。

参加者の中からは、「今の東京での江戸巡りは面白い、次回の集合時間は10時にしたらもう少し余裕をもって歴史探訪できますね」、とのコメントをいただきました。

午後3時、ちょうど時間となりました、ということで、皆さんの拍手でお開きとなりました。

以下、セミナーの模様を写真でご紹介いたします

浅草見付御門跡 

HP20090822asakusa komagata (1).jpg

関東郡代跡

HP20090822asakusa komagta(12).jpg

浅草橋

HP20090822asakusa komagata(15).jpg

初音森神社で保存されている浅草御門の門柱

HP20090822asakusa komagata(17).jpg

 

柳橋

HP20090822asakusakomagata(26).jpg

「駒形どぜう」での補講

HP20090822asakusakomagata2(3).jpg

「駒形どぜう」前

HP20090822asakusakomagata2(4).jpg

 


← 前のページに戻る