東京神田雪まつりフェア(1月18~19日)で、江戸城天守の雪像がグランプリ

第13回東京・神田小川町“雪だるまフェア”(18-19日)で、当会が初めて参加して、築城した「江戸城天守」像が、最優秀賞に輝きました。地元会員の山本勝美さんのご紹介でエントリーし、氷の彫刻家吉井さん、お城の模型制作家長谷川進さんによって制作されました。 フェアを訪れた人々が雪像の前で驚きの声を挙げ、写真に収め、その皆様の投票の結果、最優秀賞に選ばれました。約460年前に焼失した徳川家光の「寛永度天守」復元への期待が込められた声援の結晶です。雪だるままつり

← 前のページに戻る