11月16日(土)皇居と江戸城の重ね絵図を歩く

tit



日 時:11月16日(土)午後1時から(雨天決行)
集合場所:ちよだプラットフォームスクウェア
(千代田区神田錦町3-21:☎03-5259―8400)
★竹橋駅(東西線)3b出口→KKRホテル東京・玄関前出口より錦橋を渡って
徒歩2分 ★神保町駅(地下鉄)A8出口より徒歩7分

座 学:スクウェア会議室402(約45分)
散 策:(座学後)歩いて皇居東御苑へ移動
講 師:一級建築士、画家、江戸文化歴史検定試験一級合格の木下栄三氏 皇居を中心
とした「新三十六見附」を歴史と都市計画的な考察を踏まえて、プロジェクトを展開している。

「重ね絵図」は江戸幕末のお城図に現在の皇居東御苑図を重ねた作品で、当時の本丸、
二の丸など初め、天守台、城内の部屋や廊下、また城門、石垣、濠、樹木なども描
かれ、膨大な情報が手書きで描かれている。4年の歳月をかけて制作した「重ね絵
図」を手に東御苑を散策する。午後3時頃解散予定。

★参加対象:会員および一般の方々
★参 加 費:会員、一般を問わず3500円(資料代、通信費、講師謝礼を含む)
◎参加者には、木下氏が4年の歳月をかけて制作した「皇居と江戸城重
ね絵図」(市販3、000円:737×1040mm)などを進呈。

●募集人員:30人(先着順)
●ご注意:傷害保険には加入していませんので、事故対処は各自の責任でお願いします。
●申込方法:①お名前②会員または一般③ご住所またはメールアドレス④☎番号(携帯も
可)を明記し、FAX03-6423-1897でお申し込みください。

●申込締切:11月11日(月)
■参加を中止される場合は、11月11日(月)までに、必ず事務局☎03-6423-
1882へご連絡ください。

参加お申込書はこちら

← 前のページに戻る